成人式や卒業式に着よう|自分に似合う留袖を見つけたらならレンタルがおすすめ

自分に似合う留袖を見つけたらならレンタルがおすすめ

成人式や卒業式に着よう

帯

長い袖を振りまくのが特徴

振袖というと、これから新春にかけて、成人式の式典や、大学などの卒業式などで大活躍します。最近では、小学校の卒業式に、子供用の振袖を着て袴を履いて出席するという女の子もいらっしゃるぐらいです。華やかで、色鮮やかで、若い人にしか似合わない色合いや大振りな柄は、ある程度、若い女性の間しか着れない着物という位置づけになっています。おおよそ未婚の若い女性の礼服として位置づけされています。身頃に近い袖端を開口して縫い付けていないので、袖丈が長いのが特徴です。古い言い伝えですが、この長い袖を若い男性に振りまいて、恋のお相手を探す為に長い振袖を着せられたという一節も洒落として残っていると言います。今の長さに定着したのは江戸時代だと言われています。

今時はレンタルなのも良い

その様に、江戸時代から続く日本の伝統的な格式の礼装である振袖は、成人式や卒業式、自身の結婚式のお色直しなど、結婚前には様々などんなシーンでも着用する事が可能です。娘さんを持つ親御さんは、成人式前には、その子に似合う振袖を一緒に買いに行って、成人の儀を一緒にお祝いする人も多くいらっしゃいますが、やはり約120cmほどもある長い袖のお着物を折りたたんで管理するのはとても大変ですし、その都度同じ色や柄のお着物を着る寄り、シーンに合わせて色々なタイプの振袖を着てみたいというおしゃれゴコロなども相まって、今時の御家庭では、振袖をレンタルして色々な色や柄に果敢に挑戦している若い女性も沢山いらっしゃいます。様々な色や柄の振袖を試してみることで、自分に似合うデザインを知ることができ選びやすくなるのです。お気に入りの振袖を見つけるためにも、まずは試着してみるとよいでしょう。