色合いを考えましょう|自分に似合う留袖を見つけたらならレンタルがおすすめ

自分に似合う留袖を見つけたらならレンタルがおすすめ

色合いを考えましょう

女性

着こなし方

着物は日本伝統の服飾です。古くから着られてきていますが、現代においては成人式や結婚式など、着る機会はごくごく限られています。しかしながらそのごくごく限られた機会に、着る人を非常に華やかに彩ってくれます。このように非日常感を与えてくれる着物ですが、どのように着こなせばよいのでしょうか。その着こなし方は多少技術が必要となってくるため、基本的に成人式などの特別な日は美容室などで着付けしてもらうことをおすすめします。ご自身で着こなしてみたいという方は、着物の着付け教室なども各地で開催されているため、それら教室に参加してみることも1つの手です。しかしながら着付けにはたくさんの手順が存在するため、一朝一夕では身につかないことだけ述べておきます。

時と場所を考えて

どのような場面にどのような色合いの着物を着ていくか考えることは必要です。例えば結婚式に参列者として参加する場合は、主役の花嫁を目立たせるためにあまり華美でない色合いのものが良いでしょう。逆に暗すぎる色も禁物です。周囲の人にいろいろ聞き込みをしてみて、どのような色合いのものを着ていくべきか検討することが必要です。成人式の場合は、主役はご自身であるため、多少華美な色合いのものになっても構いません。しかしながらあまりに派手すぎて花魁のようなスタイルになってしまうと、少し場違いな格好になってしまいますので、常識の範囲内で選ぶようにしましょう。このように、時と場所を考えた色合いの着物を着ていくことで、周囲の人にいい印象を与えることにもなりますので、着る必要になったときはぜひこのあたりをじっくり検討してみて下さい。