自分に似合う留袖を見つけたらならレンタルがおすすめ

専門店を探しておこう

女性

必ず試着しよう

留袖は既婚の女性が着る着物として知られています。そのため、結婚してから何らかのパーティーに招待された場合、着物を着るのなら留袖を選ぶことになるわけです。しかし、日本人でも最近はなかなか和装をする機会がありません。自身の着物を持っているという人も少なくなってきています。そこでお勧めなのは、レンタルを活用することです。たった一日だけ、もしくは数日間だけしか着用しないのなら、レンタルの方が何かと効率的だからです。もちろん、この場合、専門店を活用しましょう。最近はインターネットで手軽に注文できるお店も多くなってきています。しかし、実際の色味とネットの画像とでは違いが見られることもあります。サイズ感なども違うように感じられることもあるため、必ず試着することが大切です。店舗を訪れて、じっくり吟味してみましょう。

用途に応じて選ぼう

留袖のレンタルは用途に応じて活用することがポイントです。冠婚葬祭で利用する人が多くなっています。この場合、冠婚葬祭用としてお店の人に話しておくと、スムーズに応じてもらえます。というのも、パーティーなどで着用するタイプとは全く違っているからです。そもそも、色味が違ってきます。それから、留袖といっても着用する年齢層によってデザインが違ってきます。その点も注意しましょう。結婚式に招待されて着用するにしても、年配なら黒を選ぶことが一般的です。しかし、年齢層が若いのなら、少し色味のあるものをレンタルしましょう。その方が華やかに見えるからです。もちろん、自身の立場を考えて選びましょう。お見合いの介添人などで着用する場合には、主役よりも目立たない色味を選ぶ必要があります。

成人式や卒業式に着よう

帯

江戸時代というはるか昔から、留袖や訪問着と同様、若い女性の格式ある礼装として位置づけされているのが振袖です。成人式や結婚式など、現代の日本でも華やかな席には必ず着られています。お家で揃えたり、レンタルと言う新しい手法で用意したり、準備の方法は多様化されています。

もっと知ろう

美しい和装のコツと注意点

レディー

見ているだけでもきれいな振袖ですが、ちょっとした身のこなしをマスターする事でより美しい振袖姿を披露することも可能です。今はレンタルでも、ちょっとした注意をすることでより快適に利用できます。上手に利用して人生の1ページを彩ってください。

もっと知ろう

色合いを考えましょう

女性

着物は現代では着る機会は限られていますが、その限られた特別なときに着る人を華やかに彩ってくれます。基本的には着付けは美容室などで行ってもらうことをおすすめします。また着物の色合いは時と場所を考えたものを選ぶようにしましょう。

もっと知ろう